翡翠配列A002(小指負荷解消版、その1)

●A001の問題点
・小指の負荷が多すぎる。
・打ちにくい右小指上段に使用頻度の高い"、"が置かれている。

●対処方針
・小指の負荷限度を10%->8%に切り下げ
・文字の単独出現率に応じてホームに戻る時間をコストとして加算するよう変更

●配置(暫定)
[無シフト]
ることがを・すのくつ
たなかにでじしいうん
さょてやそおはっあび

[同手シフト]
ぞね。ゃげゎづごめむ
ゅもけせほぎち、きわ
ぽへざぅぴぉゆヵ~ヴ

[逆手シフト]
ぼふよばぐヶべーみぬ
どらまだぶひえりれろ
ぱぜぺぃぷぇずぁぢ?

●特性変化(暫定)

右小指負荷
上段3.52%->1.73%
中段6.24%->5.75%
下段0.24%->0.37%

無シフト68.4%→67.2%
同手シフト16.8%→17.3%
逆手シフト14.8%→15.5%

上段28.8%→27.5%
中段55.6%→57.0%
下段15.6%→15.5%

まだ時々記録更新があるので安定するまでもうしばらくかかりそうです。
[PR]
by newnyu | 2007-03-20 02:02


<< 指負荷について・・・ 参考資料,謝辞 >>